ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

利用・料金案内



利用料金

海の中道海浜公園入園料

青少年海の家は『海の中道海浜公園』内にあるため下記の公園入園料が必要です。

小・中学生 宿泊利用:1泊につき50円
日帰り利用:1日50円
高校生以上 宿泊利用:1泊につき290円
日帰り利用:1日290円

※入所後、事務室にてお支払いをお願いします(入園料の口座振り込みはできません)。
※海の中道海浜公園の「年間パスポート券」も使用できます(必ずご持参ください) 。
※65歳以上(シルバー)は210円です。

【入園料の減免について】
・身体障害者手帳及び療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示された方及び介助者1名は無料となります。
・各種手帳の原本をお持ちすることが難しい場合は、『減免依頼申請書』にご記入の上、ご利用日の当日、
『減免依頼申請書』の原本と、手帳のコピーを利用者全員分、お持ちください。
・『減免依頼申請書』は、入所時受付でお渡しください。手帳のコピーは、確認後、返却させて頂きます。
※減免依頼申請書はこちらからダウンロードしてください。

▲ページトップへ戻る

シーツクリーニング代(宿泊する場合)

宿泊棟
ベッド用
130円
テント寝袋用 130円

※宿泊室とテント泊を併用する場合は、それぞれのシーツクリーニング料金が必要です。
※海の家ではテント(6人用)・寝袋(夏用、冬用)の貸し出しも無料で行っております。数に限りがありますので 詳しくは海の家までお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る

食費

区分 朝食 昼食 夕食
食堂 450円 570円 670円
弁当 - 570円 -
野外調理 - 480円または590円
バーベキュー - 1,860円
  • ※食事メニューはこちらをご覧ください。
  • ※弁当は休所日の翌日など、注文できないときがあります。詳細は食堂までお問い合わせください。

PDFダウンロードキャンセル料について(68KB)

▲ページトップへ戻る

平成27年度からの利用料金制度の導入(有料化)について

福岡市海の中道青少年海の家条例が改正され、海の中道青少年海の家には、平成27年度から、指定管理者制度の導入に併せ、利用料金制度が導入されることとなりました。

小学校、中学校、特別支援学校の小学部及び中学部などが、学校教育の一環として教育課程に位置付けて利用する場合(自然教室など)を除き、利用者は、平成27年4月1日から、従来お支払いいただいていた食費やシーツ代その他の実費に加えて、下記の通り青少年海の家の利用について利用料金を支払っていただく必要があり、青少年海の家の利用の際に研修室、多目的室、オリエンテーションホール又はプレイホールを利用される場合は、別途その利用料金も必要となります。

ただし、利用料金は、減免できる場合がありますので、ご不明な点は、お尋ねください。

また、未就学児童については、今回の有料化の対象外となります。

※表示価格には消費税が含まれます。

▲ページトップへ戻る

施設利用料(宿泊料)

大人 子供
日帰り利用 320円 150円
宿泊利用 大人 子供
1泊2日 1,350円 650円
2泊3日 2,030円 980円
3泊4日 2,710円 1,310円
4泊5日 3,390円 1,640円
5泊6日 4,070円 1,970円

※18歳以上の方を主体とする利用の場合は料金が増額になる場合があります。
 詳細はお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る

施設利用料(諸室利用料)

研修室等の利用料には下記の通り別途利用料金がかかります。
それぞれの活動場所のご案内は,こちらをご覧ください。

プレイホール 研修室 多目的室【AB/CD】 オリエンテーションホール
1時間 750円 200円 100円 250円
3時間 2,100円 500円 250円 700円
7時間 5,000円 1,000円 500円 1,400円

※合計利用時間で計算します。
※利用は時間単位で調整可能です。詳細はこちらをご確認ください。
※18歳以上の方を主体とする利用の場合は料金が増額になる場合があります。
 詳細はお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る

講師

施設インストラクター 天体講師
1名(1日) 9,750円
1名(1時間) 5,700円

▲ページトップへ戻る

その他

丸太(1本) 280円
薪(1束) 360円
コピー料金(白黒) 10円
ごみ処理料 310円〜
ごみ袋 20円

▲ページトップへ戻る

利用料金の減免についてPDFダウンロード 自然の家等に係る利用料金減免基準

利用料金は、主に次の場合に、全額又は半額の減免ができます(利用料金減免申請書を提出いただき、審査の上、決定します)。なお、10円未満の端数が生じたときは、これを切り上げます。

  1. 福岡市が主催し、又は経費の一部を負担して
    共催するとき・・・全額
  2. 福岡市が経費の一部を負担して
    後援するとき・・・半額
  3. 次に掲げる者が利用するとき・・・全額
    • ア.心身障がい者
    • イ.心身障がい者を主たる構成員とする団体
    • ※団体適用となるかどうかの判断基準について
    • 減免基準第3条3項アに記載する手帳保持者の人数が利用者の過半数を超えている場合に適用となり、団体適用とならない場合、手帳保持者と介護者の方のみ全額減免となります。(諸室利用料金も発生します)
    • ウ.心身障がい者が特に介護を必要とする
      場合におけるその介護者
  4. 小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、
    特別支援学校、大学、高等専門学校及び
    専修学校が利用するとき・・・半額

▲ページトップへ戻る

本文の終わりです


指定管理者:あゆみらい福岡市自然の家共同事業体

代表団体麻生教育サービス株式会社

ページの上部へ戻る